渋沢栄一記念財団 実業史錦絵絵引

実業史錦絵絵引 絵引データベース 作品詳細

作品詳細

[ 敷地を整備し土台をすえる ](しきちをせいびしどだいをすえる)

シリーズ:衣喰住之内家職幼絵解之図

解説/画中のテキスト

作品解説

 工事の始まりである。
 建物を建てる揚所で敷地を整備し土台をすえる。土台や柱の位置は、突棒(つきぼう)で突き固め、地盤が沈下しないようにする。このような作業を「よいとまけ」とも呼ぶ。参加者全員が声を掛け合い、心を一つにして杭を打ったり地盤を突き固めたりする。
 重りを落として杭を打ち込む。これを現在も杭打ちという。人力で打つわけではないが、かつて人力で突棒を使って杭を打っていたその名残であろう。
 なお「手伝」(てったい)は単に手伝いをする人という意味ではなく、職種の名前である。

画中のテキスト(釈文)

大工手伝(だいくてつたゐ)の/人足(にんそく)普請/場(ふしんば)地(じ)な/らしを/して、/普請(ふしん)の絵図(ゑづ)と/引合(ひきあハセ)、柱(はしら)たつ/ところへ穴(あな)をほり、/地(ぢ)形といふて松丸太(まつまるた)の/くい又はじやりなどつき/いれ、其上へ土台(とだい)石をすへるの図

 

此人足を/東京(とうきやう)にてハ/鳶人足(とびにんそく)仕事し(しごとし)/ともいふ

画中のテキスト(現代語訳)

大工と手伝の人足は、普請の場所をならして平らにし、普請の絵図(設計図)と対照させ、柱と柱それぞれが立つところに穴を掘り、地形といって松丸太の杭や砂利などを入れて突き固め、その上へ土台の石をすえる、その図である。

 

この人足のことを東京では鳶人足とか仕事師ともいう。

図像・事物一覧

※画像アイコンにカーソルを合わせると、右の作品画像に位置が表示されます

画像 図像・事物 カテゴリー
大工または手伝A 大工または手伝A 人物
大工または手伝B 大工または手伝B 人物
大工または手伝C 大工または手伝C 人物
大工または手伝D 大工または手伝D 人物
杭 モノ・道具
杭に使う松丸太 杭に使う松丸太 モノ・道具
歩み板 歩み板 モノ・道具
大和塀 大和塀 モノ・道具
縄 モノ・道具
突棒 突棒 モノ・道具
突棒のもちて 突棒のもちて モノ・道具
向こう鉢巻 向こう鉢巻 よそおい
印半纏 印半纏 よそおい
三尺帯 三尺帯 よそおい
脚絆 脚絆 よそおい
草履 草履 よそおい
根付 根付 よそおい
煙管筒 煙管筒 よそおい
煙草入 煙草入 よそおい
散切り 散切り よそおい
足袋 足袋 よそおい
草鞋 草鞋 よそおい
腹掛け 腹掛け よそおい
頬被り 頬被り よそおい

作品情報

シリーズ
衣喰住之内家職幼絵解之図
作者名
歌川国輝(二代)
作者名よみ
うたがわ くにてる
出版者(版元)
---
制作年(和暦)
明治6年
制作年(西暦)
1873
法量
34.7 x 24.0 cm
落款
曜斎国輝画
公開日
2009年7月15日
最終更新日
2009年7月15日

作品画像

拡大表示