渋沢栄一記念財団 実業史錦絵絵引

実業史錦絵絵引 絵引データベース 作品詳細

作品詳細

[ 杭を打ち水平に板を回し、基礎にする石を調整 ](くいをうちすいへいにいたをまわし、きそにするいしをちょうせい)

シリーズ:衣喰住之内家職幼絵解之図

解説/画中のテキスト

作品解説

 建物を建てる位置が決まるとその周辺に杭を打ち水平に板を廻す。この板は水平であることが重要で、建物が歪んだり傾いたりしないための基準である。水平な板なのでこれを水貫(みずぬき)あるいは遣形貫(やりかたぬき)という。
 水平は水盛という作業で知る。細長い箱に水を張り、この水面から等距離に保っておけばその糸は水平のはずである。箱に水を入れるのを水盛、水平な糸は水糸という。水糸を基準に水貫を建物周辺に廻すのである。以上の作業を総合させて水盛遣形という。
 奥では基礎にする石を石工が調整している。基礎は壁位置などの主要部に帯のように配置する。これを布基礎という。柱の下だけに基礎を置く場合は独立基礎と呼ぶ。

画中のテキスト(釈文)

第七
石工(いしく)の普請(ふしん)につかふ/石(いし)は、伊豆(いづ)の山(やま)にて/いしきりといふものが/切出(きりいだ)すを、船(ふね)にて所々(しよしよ)/の石屋(いしや)へ積来(つミく)るを石工(いしく)が/かたきやわらかきの生(しやう)/合(あひ)また寸尺(すんしやく)を見斗(ミはから)ひ、/夫(それ)を土台下(どたいした)へひきこむ/やうにきさむの図(づ)

 

第六
大工(たいく)、普請場(ふしんば)へ水縄(ミつなハ)といふて四方(しほう)へ杭(くひ)を/打(うち)、麻縄(あさなハ)を引張(ひきはり)、其下(そのした)に水(ミづ)もり台(たい)と/いふて角(かく)なる木(き)にミぞのつきたるをおき、/それへ水(ミづ)を流(なが)し、地面(ぢめん)の高(たか)びくを見(ミ)る図

画中のテキスト(現代語訳)

第七
石工が普請に使う石は、伊豆の山で石切という名の職人が石を切り出し、船に積んであちこちの石屋へ運んできた石を、石工が石の固さやわらかさや大きさ(寸法)を見はからい、土台の下に敷き込むように石をきざんで形を整える。その様子を示す図である。

 

第六
大工は普請揚の四方(周囲)へ杭を打ち、麻縄をぴんと張る。これを水縄という。その水縄の下に水盛台という名前の台を置く。これは四角な材木に溝を掘ったものである。水盛台の溝へ水を流し込み、地面の水平を確かめる。これはその様子を示す図である。

図像・事物一覧

※画像アイコンにカーソルを合わせると、右の作品画像に位置が表示されます

画像 図像・事物 カテゴリー
大工A 大工A 人物
大工B 大工B 人物
手伝 手伝 人物
石工A 石工A 人物
石工B 石工B 人物
ゲンノウ ゲンノウ モノ・道具
ノミ ノミ モノ・道具
石材 石材 モノ・道具
水縄 水縄 モノ・道具
杭 モノ・道具
水盛台 水盛台 モノ・道具
柄杓 柄杓 モノ・道具
手桶 手桶 モノ・道具
礎石 礎石 モノ・道具
縄巻き 縄巻き モノ・道具
水貫(遣形貫) 水貫(遣形貫) モノ・道具
コヤスケ コヤスケ モノ・道具
麻縄の束 麻縄の束 モノ・道具
印半纏A 印半纏A よそおい
印半纏B 印半纏B よそおい
三尺帯 三尺帯 よそおい
股引 股引 よそおい
草履 草履 よそおい
草鞋 草鞋 よそおい
足袋 足袋 よそおい
腹掛け 腹掛け よそおい

作品情報

シリーズ
衣喰住之内家職幼絵解之図
作者名
歌川国輝(二代)
作者名よみ
うたがわ くにてる
出版者(版元)
---
制作年(和暦)
明治6年
制作年(西暦)
1873
法量
34.8 x 24.0 cm
落款
曜斎国輝画
公開日
2009年7月15日
最終更新日
2009年7月15日

作品画像

拡大表示