渋沢栄一記念財団 実業史錦絵絵引

実業史錦絵絵引 絵引データベース 作品詳細

作品詳細

[ 建物を建てるための部材作り ](たてものをたてるためのぶざいづくり)

シリーズ:衣喰住之内家職幼絵解之図

解説/画中のテキスト

作品解説

 建物を建てるための部材作りの様子を描いている。手前から、手斧(ちょうな)で部材の表面をはつって平らにする、貫穴(ぬきあな)をノミで彫る、長い材を切断する、板の表面を台鉋(だいかんな)で削って平らにする、太い材の表面に墨付をする、以上の大工仕事の様子が見えている。
 左端の背中に「上棟」と書かれた印半纏を着た職人は斧またはヨキを持っていて、説明文によると杣のようだが、ここに杣(そま)がいるのはおかしいので、大工が太い材をはつっているところと理解すべきであろう。
 これらの職人はほとんどは大工とみて差支えないが、この図のように近接した位置で仕事をすることはありえないので、職人の働く姿の見本を並べてレイアウトしたと考えるべきである。

画中のテキスト(釈文)

大工(たいく)かんなけづり、鋸引(のこきりひき)、/てうなはつり并(ならひ)に/のミにて柱(はしら)へぬき穴(あな)/なぞをほる図(づ)

 

又(また)そまといふは、/よきといふ具(ぐ)にて/大工のさしづに/まかせ、おふき/なる木を/はつるも/あり

画中のテキスト(現代語訳)

大工は、鉋で削り、鋸を引き、手斧ではつり、ノミで柱へ貫穴などを掘る、その様子を描く図である。

 

また杣というのは、よきという道具で大工の指示に従って大きな材木をはつることもする。

図像・事物一覧

※画像アイコンにカーソルを合わせると、右の作品画像に位置が表示されます

画像 図像・事物 カテゴリー
大工A 大工A 人物
大工B 大工B 人物
大工C 大工C 人物
大工D 大工D 人物
大工E 大工E 人物
大工F 大工F 人物
杣 人物
手斧 手斧 モノ・道具
鋸(横挽鋸) 鋸(横挽鋸) モノ・道具
ノミ(叩きノミ) ノミ(叩きノミ) モノ・道具
槌(金槌) 槌(金槌) モノ・道具
鉋(台鉋) 鉋(台鉋) モノ・道具
墨壷 墨壷 モノ・道具
斧 モノ・道具
削屑 削屑 モノ・道具
鉋屑 鉋屑 モノ・道具
墨糸 墨糸 モノ・道具
角材 角材 モノ・道具
板材 板材 モノ・道具
天秤棒 天秤棒 モノ・道具
籠 モノ・道具
砥石 砥石 モノ・道具
枕 モノ・道具
削台 削台 モノ・道具
ホゾ穴 ホゾ穴 モノ・道具

作品情報

シリーズ
衣喰住之内家職幼絵解之図
作者名
歌川国輝(二代)
作者名よみ
うたがわ くにてる
出版者(版元)
---
制作年(和暦)
明治6年
制作年(西暦)
1873
法量
34.5 x 23.8 cm
落款
国輝画
公開日
2009年7月15日
最終更新日
2009年7月15日

作品画像

拡大表示